blog訪問看護ブログ

訪問看護師の日々<ここが大変!移動編>

2021-10-28

 

皆さま、こんにちは!

 

今回は訪問看護師の日々<ここが大変!移動編>をお伝えしたいと思います。

 

訪問看護師は、日々自転車や自動車を使ってご利用者さま宅を巡っています。

基本的に外回りの仕事ですので、猛暑、豪雨、台風、積雪など気候に影響を受けながら働いています。

 

自転車移動の良い点としては、渋滞することなく移動できることです。渋滞中の車を横目に颯爽と移動できます。気候が良い日は、風を感じて気持ちよく走ることができます。

 

その反面、自転車移動の大変な点は雨の日です。全身雨具(カッパやレインバイザー)で装備し移動するのですが、訪問先のお宅に軒下がなくカッパの着脱時に濡れることもしばしば。冬場の寒い雨の日なんて泣きたくなりますね。そんな時は移動中の休憩時に温かい飲み物を飲んで身体を温めながら頑張っています。

 

次に、自動車移動の良い点は、車内が自分の個室のように過ごせることです。大きい声で歌っても他人の迷惑にならないし(歌う時は窓が閉まっているか確認してくださいね)、車内で休憩しながら昼食やおやつを食べたりもできます。また毎日運転していると、運転技術(特に車庫入れ)が上達します!

 

大変な点は、渋滞に巻き込まれると移動時間がかかること。また自転車に比べると経費(リース代or購入代などの車両維持費)がそれなりにかかることでしょうか。

 

訪問看護師にとって訪問と訪問の間の移動時間は、主治医やケアマネージャーさんへ連絡したり、次のご利用者さんのカルテを確認したり、トイレ休憩をとったり、移動中に見つけた新しいお店をチェックしたり、景色を見ながら気持ちのスイッチを切り替えたり等々、とても貴重な時間です。

 

自転車も自動車移動も双方大変なことはありますが、訪問看護は病院等の施設勤務に比べ、季節を肌で感じながら仕事をすることができますので、私は楽しいなあと感じています。

 

訪問看護師の皆さま、今日も安全運転でいってらっしゃい!

 

訪問看護未経験の皆さま、ぜひ一度訪問看護で季節を体験してみませんか?

訪問看護自転車

 

無料説明会開催中!ご都合に合わせて参加しやすい説明会を選べます!
ページの先頭へ