blog訪問看護ブログ

訪問看護開業と失敗②

2022-03-04

訪問看護開業と失敗

数年間に訪問看護に参入したいから手伝ってほしいと相談を受けたことがありました。その方は介護業界への参入を検討し、当初デイサービスでの参入予定だったのですが、過剰供給状態でデイサービス市場を知り断念されました。競争が緩やかな地方出店も検討したのですが、地方にいくほど閉鎖的で厳しい現実も知りました。楓の風が地方に出店せず、FCで全国に展開したのもこのような理由です。高齢者社会で明らかに必要とされる介護サービスなのでなんとか広げていきたいと考えています。

そこで訪問看護ならどうだろうと考え始めたようなのですが、当時の私たちは訪問看護フランチャイズを始めておらず、またその時点ではフランチャイズとして実績が少なく相談には乗るけど成功へ導く支援は難しいと断ってしまいました。その方は結局とある訪問看護の開業支援サービスを頼って開業したのですが、1年もたずに事業休止に追い込まれました。

当初採用は順調で、新規オープンという事もあり、4名の看護師が集まって事業がスタート。当初なかなか紹介が得られなかったため暇な日々が続くも、困難事例が少しずつ紹介され、それらの対応をつづけているとやがて信頼を得て紹介も増えていったそうです。徐々に忙しさが増すと、看護師同士が自分の主張ばかりを押し通そうとし始めました。どうやら忙しくなることを歓迎しておらず、その患者を受け入れないもっともらしい意見を主張しはじめ、それをまとめきれない管理者が退職してチームがサービスを上手く回らなかったのが始まりです。

次に経験の長い看護師が急遽管理者に就任しサービスを行いましたが、1人退職した影響は大きく各負担が増したことでサービスに問題がところどころ出たことによって、紹介なども来なくなり資金が底をついて事業所閉鎖に至りました。

このような事例から学ぶ点は多く楓の風としましては起こった問題に対し対策を行い共有することで働きやすい環境を提供するように実践しております。

 

 

 

無料説明会開催中!ご都合に合わせて参加しやすい説明会を選べます!
ページの先頭へ